エムケービルド | NETIS承認

舗装・補修材のエムケービルド

エムケービルド

ホーム»トピックス»NETIS承認

NETIS承認(New Technology Information System)

NETIS(新技術情報提供システム)とは

国土交通省における新技術情報を提供し、平成18年8月1日より本格運用を開始したデータベースシステムです。これにより、公共工事等において登録された新技術活用を促進することが、大臣官房技術統括審議官より通達実施されています。

登録製品のご案内

クラックカットシール

技術名称 クラックカットシール
施行技術 施行技術(2008.11.12~)
登録No. KK-080029-V
副題 舗装のひび割れ補修工法
区分 工法
分類1 道路維持修繕工-路面補修工-その他
分類2 道路維持修繕工-路面版目地補修工
概要
何について何をする技術なのか
本技術は、舗装に発生するひび割れ補修工法で、以下の特徴がある。
専用ひび割れ切削カッター(ペーブメントカッター200)により割れの形状に沿って溝を切削し、注入材料を溶融加熱する溶解釜と一体になった注入機(スーパーショットメルター)で特殊アスファルト樹脂を注入することで特殊アスファルト樹脂が舗装との接着性を高め水の浸入を防ぎ舗装寿命をのばす技術である。
従来はどのような技術で対応していたか
従来は、ブロンアスファルトを180℃にて加熱溶解し舗装に発生するひび割れにシールをすることで対応し、舗装の延命化を図っていた。
公共工事のどこへ適用できるのか
  • アスファルト舗装のひび割れ補修。
  • セメントコンクリート舗装の目地補修に適用可能である。
使用機械一覧表
施工機械名称 用途 寸法・形状(cm) 機会質量(kg)
ペーブメントカッター200 ひび割れ専用のカッターで、不規則なひび割れに対し、超鋼製の溝きり刃で高速回転にて路面を溝状に切削することで確実に切り込みを入れることが可能な機械。 L:285×
W:155×
H:163
190
スーパーショットメルター 自動による温度制御できる加熱釜を搭載した注入機で、特殊アスファルトの溶融加熱と注入が本機械のみで可能。 L:101×
W:87×
H:99
670
ペーブメントカッター200によるひび割れカット状況

製品関連資料

pdf資料の閲覧にはAdobe Readerが必要になります。