舗装・補修材のエムケービルド

エムケービルド

エムケービルドへのお問い合わせ NETIS 動画一覧 CM一覧 駐車場 アスファルト補修材販売(個人用) ひび割れカッター 溶解釜 営業所一覧 MKビルドブログ 日本MMジョイント協会/会員名簿

ホーム商品紹介コンクリート舗装補修

コンクリート舗装補修

コンクリート メンテナンス

テッククリート[ コンクリート補修材 ]

image

テッククリートは高速道路と空港における
コンクリート舗道に最も高度な
フレキシブル補修材料として使用いただけます。

簡単な施工

テッククリートは熱可ソ性のコンクリート舗装の長期的な補修材です。従来の修理方法とは異なり柔軟性、高張力、接着性、および耐圧縮性を持続的に提供します。速乾性セメント修理では繰り返し発生するクリープ疲労にも耐えることができません。テッククリートでは繰り返し発生する収縮運動にも耐える接着性と柔軟性があります。テッククリートRタイプは20mmまでの舗装厚みに、テッククリート(TBR)では300mmまでの舗装厚に使用できる。スラブ修理、ジョイントなどの修理に最適な性能を発揮します。テッククリートは最大1時間以内に交通開放することができます。

  • 交通開放はおよそ1時間です
  • 耐久性に優れた材料です
  • 強力な付着性を有しています
  • 柔軟性に優れている為、補修後クラックを起こしません。
  • 耐圧縮性に優れています
  • スラブ修理に使用することが出来ます
  • 耐雪材や化学物質に抵抗力があります

テッククリート性能一覧表

品質性状 テッククリートR テッククリート TBR
色相 グレー グレー
比重 2.08 2.03
軟化点、ASTM D36 100℃以上 110℃以上
流動性(60℃)ASTM D5329 3mm以下 3mm以下
伸長性 1mm/分 (25℃)ASTM D5329 750N以下で80%以上 650N以下で50%以上
耐圧性 10mm/分 (23℃) 3500N以上で50%耐圧 5000N以上で25%耐圧
ホイールトラッキングテスト(50℃) 5mm以下 5mm以下
耐候性試験(ASTM D5329) 1000時間以上 1000時間以上
耐雪材耐性 合格 合格
加熱安定温度 190℃ 190℃
最適流動温度 220℃ 220℃

注)テッククリートは溶袋式包装材にて容量16kg±1kg袋詰めされています。

施工方法

【準備】
痛んだコンクリート部をダイヤモンドカッターで切り込みを入れエアービットにより削り取る。その後きれいに清掃します。

【注入】
清掃した後にテッククリートを注ぎ込み平滑に表面を整えます。そして冷却される前に表面に骨材を散布します。

image

製品関連資料

pdf資料の閲覧にはAdobe Readerが必要になります。